浦安市の大型建築物には免震構造が必須

免震構造というのは、簡単に言うと地震で地面が揺れても、建物はあまり揺れないような構造のことを言います。地震は縦波と横波とありますが、その中でも揺れが大きいのは横波ですので、一般的には横波に対して揺れないような構造になっています。基本的な構造は、積層ゴムといって、ゴムと鉄板を水平に交互に重ねたものが使われています。この構造のおかげで、横方向に揺れが来た場合には、ゴムの弾力が作用して柔らかく動いて揺れを吸収し、重量のある建物はあまり揺れません。縦方向には、建築物の重量によって上から押さえられているので、しっかりと建物の重量を受け止めています。基本的には、このような構造は建築部分の基礎にあり、一般の人が目にすることはめったにありません。

浦安市は、先の東北大震災の時に地面の液状化が広範囲に起こり、ライフラインの復旧が遅れたこともあり、大型建築物にはこのような免震を考えた構造が必須と考えられており、現実にマンション等には取り入れられています。